【アビオス】100% Pure Natural - いつも無添加・無農薬の安全な食品や化粧品をお届けします。

卸事業お問合せ

メルマガ無料登録

Facebook

twitter

アビオス商品のご紹介

2014年オーガストハーゲスハイマー著書

Ganbatte 365より

2011年7月9日物資配達(ボランティアより提供)

ロゴ画像
セーブ南相馬プロジェクト

福島県南相馬市の仮設住宅に住む人々を支援

アビオスは、東日本大震災被災地及び被災者の方々への支援活動の一環として、「セーブ南相馬プロジェクト」を立ち上げました。震災以降、NPO法人セカンドハーベストジャパンの協力を得ながら、福島や東北各地、東京からのボランティアと共に被災者の方々へ物資をお届けしています。

現在も未だ仮設住宅で避難生活を送っている南相馬市の方々に、今でも私達はあなたたちのことを忘れていないという心のサポートと、物資の支援を続けています。

【 オーガストによる南相馬市サポート活動のきっかけ】
アビオス代表・オーガストは福島県猪苗代の出身です。震災直後に親戚が自宅退避となり食糧が尽きたため、オーガスト自らが食糧やガソリンなどの物資を何度となく届けに行きました。

オーガストの叔父の一人が「南相馬市に物資がなくて大変だから」と震災直後から南相馬市に物資を届けに行っているという話を聞き、「自分も何かしなくては」と思ったのがきっかけで、このプロジェクトを立ち上げました。

写真:ルーム・トゥ・リードより提供

ロゴ画像
ルーム・トゥ・リード

スリランカに学校を2つ建設
現在約400人の子供たちが学んでいます。

アビオスは、2009年に特定非営利活動法人『ルーム・トゥ・リード』と共同でスリランカ中部マータレー県マータレーの山腹に位置する幼稚園を建設しました。続いて2012年には、同じ地域でさらに大規模な学校を建設し、今では400人近い子供たちが通っています。

この人里離れた地域には、残念ながら貧しい家庭が多いのですが、人々はみな愛情深く、そして勤勉でたくましく生きています。何よりも一番素晴らしいのは、この恵まれない状況でも子供たちがいつも笑顔だということ。

スリランカとのこの深い絆から、アビオスでは現地よりココナッツオイルとココナッツバターの輸入を開始し、日本のみなさまにスリランカの良さをもっともっと知ってもらうよう努めてまいります。


ロゴ画像
アマゾン・フレンドリー

アマゾンの森林伐採をなくすことに貢献

地球の酸素の1/5を生み出し、温暖化防止にも重要な役割を担うアマゾンの森林。そのアマゾンでは、伐採により熱帯雨林の20パーセントが失われ、その勢 いはますます 加速しています。私たちは今すぐ新たな対策を講じる必要があります。

アマゾンの回復に重要なのは、木を切らないこと。アビオスのアサイーは木を一切伐採せず、自生するアサイーのみを収穫しています。アマゾンの生態系に不可欠であるその樹木は一年中果実を実らせ、アマゾンの人々に食糧を提供。そしてそれは彼等の独自の文化保存につながり、家族やコミュニティーにとって収入を約束する恵みとなりました。

「私たちの次の世代、その次の世代もずっと安心して暮らせる地球でいられるように 、アマゾンを守ろう。」

アビオスはアサイーを利用することでアマゾンの森林を守っていくことに協力しています。

▲ ページのトップに戻る