【アビオス】100% Pure Natural - いつも無添加・無農薬の安全な食品や化粧品をお届けします。

卸事業お問合せ

メルマガ無料登録

Facebook

twitter

August Blog

オーガストハーゲスハイマー著書

12/16(土)10:30 ~12:00

NHKカルチャー青山教室

詳細はコチラ

2017.11.3 | |From August

塩分摂取量はどのくらいがいいの?

今日は塩分摂取量についてお話ししたいと思います。

塩が健康に良くないと、かなりの人が信じていることでしょう。
実際、何年も何年もそのように語られてきました。
しかし、塩の入っていない食べ物は正直言って稀なので、

皆さんはお料理する時には塩を使いますよね。

なので、どのくらいの量が健康に良くないとされ、

どのくらいが安全な量であるかを知ることは

非常に大切だと思います。ちなみに僕は毎日約5〜6グラムの

塩をとっていますが、岩塩ではなく良質の海塩しか使いません。

海の近くに住んでいた人間たちは何世紀もの間、海塩を

使っていました。そして、これらの古代文明の人々は

海塩使用のために高血圧に苦しんでいたでしょうか?
答えはNOですね。皆さんもご存知のように、海のそばに

住む多くの人々は過去も現在も世界で最も健康な人々です。

よって僕は海塩を好んで使っています。
しかし世界保健機関(WHO)は現在、成人は1日に5g以上の

塩を摂取しないようにと提言しているので、この基準だと

僕は危険の境界線にいることになります。
この提言では「塩分は少なければ少ないほど良い」と

思われてしまいますね。

(参考文献:http://www.who.int/mediacentre/factsheets/fs393/ja/
しかし昨年(2016年)に発表された以下の科学的研究に

よると、「少ない塩分はより健康的である」というアドバイスは、

実際には非常に間違っており、危険であるとされています。
(参考文献:http://www.thelancet.com/…/PIIS0140-6736(16)30467-6/abstract)

この研究結果は広い範囲で、そして多様なサンプルグループの中で

調査された非常に信頼性の高いものです。

 

1)個体数は133,118人
  
2)人々のうち、約半数がすでに高血圧で、残りは高血圧ではなかった。
   
3)これらの個体の年齢の中央値は55歳
  
4)49カ国の人々を調査
  
5)調査期間は4.2年間(中期的調査)

この研究では、通常の食事中の塩分量が高血圧および

心血管疾患のリスク増加に何らかの影響を及ぼした

ケースについて調査しています。
そして以下、食事中の塩分量に応じて、これらの

個体を3つのグループに分けています。

1.高塩分摂取群:1日あたりの塩分が7g以上
    
2.中食塩摂取群:1日あたりの塩分が4.5〜6g
    
3.低塩分摂取量:1日あたりの塩分が3.5g以下
その結果は….
非常に興味深いものでした。
既に高血圧で苦しんでいる人々は塩分の摂取量が

高すぎても低すぎても、その状態が悪化していたのです。
しかしながら、1日あたり4.5〜6gの中程度の塩分を摂取した

高血圧患者は、その影響を受けていませんでした。

また、高血圧の疾患がない人々の中では塩分摂取量が

少なすぎた人達だけが、健康にマイナスの影響を受けていました。
つまり、塩分摂取量が高すぎる、もしくは中程度の人は

マイナスの影響を一切受けていなかったのです。

従って、僕の結論は塩分摂取が少ない事は全ての人にとって

不健康となり得ますが、塩分摂取が多いのは既に高血圧に

苦しんでいる人にのみ悪いということになります。

そしてこの研究における最高のニュースは、毎日4.5〜6gの

塩が全ての人にとって良いということでしょう。

最後にナトリウム(塩)が必須栄養素であるという理由を

考えてみましょう。ナトリウムは人間の最良の健康のために

毎日の食事から必要とされる14種類の必須ミネラルの

うちの1つです。これらの必須栄養素が不足した場合、

身体の弱体化および健康状態の悪化ををもたらすことは

容易に想像がつきますね。

最高の塩は非常にきれいな海水からの塩ですが、他の殆どの

食品と同様、その食品の環境が汚染されている場合は

その食品も汚染されていることになります。

 

22894095_1334648026645930_3643251176855362041_n

 

僕のおすすめは、クリスマス島の海塩です。
これはスーパーマーケットやネットで見つけられると

思うのでどうぞチェックしてみてくださいね!
それでは皆さんも良い週末をお過ごしください!!


2017.10.27 | |From August

女性の脱毛とフェリチン検査について

22788935_1328274763949923_5677991892558744550_n

 

年齢と共に髪の毛を失うことは、男性にとっては

重大な懸念事項です。残念なことに、多くの脱毛症の男性は

通常、母親の遺伝子によってあらかじめ決定されてしまいます。

 

しかし、女性の脱毛の増加も近年ますます増えて一般的に

なってきている現状です。 実際、僕は日本滞在中に

髪の毛が極端に薄い女性をよく見かけます。
女性にとって、これはひどくショッキングな状況に

違いありません。ほとんどの女性はこれまで脱毛に

悩まされることはなかったはずです。

では、女性の脱毛が一般的な状態として増えている原因は

何でしょうか?そこには複数の考えられる原因がありますが、

主な理由の1つに低いフェリチンの値があります。

ご存知の方も多いかと思いますが、フェリチンは鉄を

貯蔵する特定のタンパク質です。それは、ほとんどの

体細胞で検出されますが、血球では見られません。
したがって、フェリチンは鉄とは明確に分けて

検査されなければなりません。この血清検査は非常に

簡単で、日本のどの医療機関でも検査することができ、

朝一にしなければならない血清鉄の検査とは違って、

血清フェリチンはいつでも検査することができます。
フェリチンの正常範囲は12-150ng / mL(ナノグラム/ミリリットル)

ですが、最適範囲は30〜40ng / mLと僕は考えています。

みなさんの検査結果がこれよりも低い場合は、まず日常の

食生活に十分な鉄を摂取しているかどうかを

検討する必要があります。

 

鉄は必須の栄養素です。人は体内で鉄を生産することが

できないため、食品からこれを取得する必要があります。

鉄の優れた供給源は、動物の肉および内臓の肉です。

植物由来の鉄(ほうれん草、カボチャの種など)は

動物由来の鉄より、はるかに生物学的に考えても

利用することが難しいです。また僕が鉄サプリメントを

推奨しないのは、しばしば、血清鉄濃度が高すぎて

非常に危険なことがあるからです。

そしてフェリチン低値の別の理由としては

リーキーガットシンドローム(LGS)があげられます。

これは非常に深刻な状態で、食生活の悪さによって

何百万人もの日本人の健康に影響を及ぼしている可能性があります。

また、LGSとアルツハイマー病との間には非常に強い

関連性があることに注目することも重要です。

LGSは通常、グルテン、砂糖、乳製品、大豆食品及び

高炭水化物の食事によって引き起こされます。
僕はそれらを控えて、日々の食生活にたっぷりの生の葉野菜、

良いオイル(オリーブオイル、バターなど)、そして適量の

タンパク質を毎日取り入れることを強くお勧めしています。

他にも女性の脱毛予防に関連している栄養素として

亜鉛・セレン・L-リジンが挙げられます。

L-リジンは、鉄を含む動物肉から容易に得られる必須アミノ酸の

1つで、魚介類および卵に豊富に含まれています。
亜鉛は牛肉、子羊、豚肉、鶏肉にも多く含まれていますが、

最も多く含まれている食べ物は牡蠣になります。

そして最後にセレンについて。
セレンは人体にとって不可欠なミネラルです。
毎日の必要量を摂取する簡単な方法は、ブラジルナッツを

2粒食べることですが、セレンを多く摂り過ぎると

健康を害するので、2粒以上は食べないでくださいね!

日本の女性がいくつになっても美髪を保てることを

僕も心から願っています!


2017.10.25 | |From Staff

オーガストワークショップ@朝日カルチャーセンター立川教室

19894548_1255136881263712_3445863721222359075_n
先日発売した11冊目の著書「最小の努力でやせる 食事の科学」
好評の栄養科学博士 オーガスト ハーゲスハイマーの来日講座が
11月18日(土)に開催! 10月にオーストラリアで講演する
オーガスト。11月の日本語ワークショップはこの講座のみです。

shokujino_cov

 

初めての方は目からウロコ!以前に受講したことがる方も

最新の栄養学などの情報を学び、その日から自分に
活かすことができます。より自分の身体もfeeling も気分よく!を

手に入れる方法を知ることができる、すごいチャンスです!

詳細は朝日カルチャーセンターをご覧ください。
朝日カルチャーセンター立川教室
goo.gl/Chgd4h

 

<<<お申し込み方法>>>
Webサイトより:
goo.gl/Chgd4h

 

お電話でのお申し込み:
朝日カルチャーセンター立川教室
042-527-6511 (平日 9:45~19:00/ 土 9:45~18 :00
日 9:45~16:00 / 原則祝日休業)

<オーガストハーゲスハイマー 来日ワークショップ>

日時:2017年11月18日(土)13:00~14:30

場所: 〒190-0012 東京都立川市曙町2-1-1 ルミネ立川9階
朝日カルチャーセンター立川教室
map: https://www.asahiculture.jp/tachikawa/access

Tel: 042-527-6511

テーマ:10歳若返る食事の秘訣

<講座内容>
約35年をかけて、栄養学、生理学、老化の仕組みなどを

研究し、自ら試行錯誤してきたことの集大成である、オーガスト流食事法。
失敗も繰り返しながら、今の方法にたどり着き、日ごとに
回復力が高まり、若い頃のエネルギーを取り戻してきているのを
感じています。私自身、55歳にして体内年齢36歳の健康な身体を
実現しています。そして、「肌がキレイになった」「体が変わった!」
痩せた!」「花粉症が軽くなった」など実践した多くの方から
報告をいただいています。その驚きの食事法をたっぷりとお伝えします。
ヒントは、いま食べているものをほんの少し変えるだけ!
健康的で無理のない食事です。いくつになっても体は変えることは
可能です。まずは、30日間試して、より輝く自分を手に入れてみませんか?

(講師・記)

 

 


2017.10.19 | |From Staff

メディア情報 エッグスムージー

22552806_1323028094474590_4608084989762279547_n

 

10/16発売の『壮快』12月号にオーガストの

インタビューが掲載されています。

卵はスーパーフードと言うオーガストのお勧めは

エッグスムージー😊

 

22528365_1323028107807922_4183083621992066678_n

 

彼の若さの秘訣の1つはここにあります。

ご興味のある方はご覧ください!


2017.10.13 | |From August

科学は食物の脂肪が健康であり、炭水化物が不健康であることを既に証明しています

22449748_1317112438399489_5090212311753160772_n

 

さて、どのタイプの食べ物が最善であるかに関する

専門家のアドバイスの間には、依然として多くの

論争が交わされ、それぞれの主張がありますね。

 

・炭水化物を食べましょうvsローカーボでいきましょう

・オイルを沢山使いましょうvsノンオイルが重要です

・卵黄を食べましょうvsなるべく避けましょう

などなど。
2ヶ月前に出版されたばかりの科学的研究は、これらの

論争を終わらせることになるでしょう。
この研究(以下リンク:http://www.thelancet.com/…/PIIS0140-6736(17)32252-3/fulltext

は、以下4つの条件が揃ったため説得力があります。
1.世界各地の高い評価を受けている複数の組織で実施

2.非常に多くの治験者をチェック。その数は135,335人(35〜70歳)

3. 検査対象国は18カ国

4. 治験者を長期にわたりチェック(平均7.4年間)
この研究では、これら治験者達が多量栄養素の構成

(炭水化物、タンパク質、脂肪)の観点から食物を

選択し食べていることを評価しています。
さらに、食物脂肪は、飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸および

多価不飽和脂肪酸に細分化されています。そして、これが

一番大切なのですが、著者らは食事を以下のリスクの

観点からと比較しました。
1.死亡リスク

2.心血管疾患のリスク

3.脳卒中のリスク
この広範囲にわたる研究において、彼らが発見したことは、

本当に注目すべきことです。彼らは炭水化物を最も多く

摂取した人と最も少ない量を摂取した人を比較し、

より多くの炭水化物の摂取が死亡リスクを28%増加

させていることに関連していると指摘したのです。
また、脂肪の各種類および総脂肪量も、死亡リスクと

非常に関連していました。摂取した総脂肪量が最も

多かったレベルの人たちは研究期間中、23%も死の

リスクを減少させたのです。
特に飽和脂肪酸。より多くの摂取は脳卒中のリスクが

低いことと関連していました。それは飽和脂肪酸の

摂取量が最も多い人と最も摂取していない人を比較した結果です。
著者らは次のように書いています。

 

「炭水化物を大量に摂ることは全ての死のリスクが

高くなること相関していたが、総脂肪量とあるタイプの

脂肪は、死亡率の低下に関連している。総脂肪量および

脂肪の種類は、心血管疾患、心筋梗塞、または心血管疾患の

死亡率には関連していないが、飽和脂肪酸は脳卒中と

反比例の関連性を有している。これらの結果を照らし合わせて、

世界の食生活ガイドラインを再検討すべきである。」
これでも脂肪を悪として炭水化物を大量に摂ることを続けますか?

僕の投稿をいつも読んで下さっている皆さんは、きっとその

答えがお分かりだと思います。

 

それでは良い週末をお過ごしくださいね!


▲ ページのトップに戻る